ゼノン住販の会社概要について

ゼノン住販は、2012年1月に設立された比較的新しい会社ですが、2017年には従業員数約20名で60億円の売り上げがあります。残業が殆どなく、年間休日が120日以上、年末には海外に社員旅行に行くなど働きやす職場作りをしています。

社員は、未経験者もいますが、不動産業界で実績を積み上げてきたプロが立ち上げた会社なので、物件の年間取引数が500件以上と豊富です。取引件数が多いだけでなく、物件に対する高いコンサル能力があることでも高く評価されています。

ゼノン住販は、不動産投資を目的とした不動の売買をサポートしている会社です。単に、収益の上がる物件を紹介するのではなく、物件の維持・管理や不動産投資のセミナー開催など不動産に関わることを幅広く行っています。多くの方は、不動を持つことで発生するリスクにばかり目が行ってしまうものですが、ゼノン住販では不動産はギャンブルではなく、資産を形成するための手段なのだということを教えてくれます。

不動産投資は、個人で初めて行う方もいます。本気で不動産投資を始めたいが、少ない資金でも始められるのか、仕事をしながら不動産管理はできるのかなど、あらゆる不動産投資の不安をクリアにしてもらうため、不定期で開催しているセミナーは、すぐに予約が埋まってしまいます。セミナーの講師には、有名な不動産産コンサルタントなどを呼んで、少人数制で丁寧にレクチャーします。相続した不動産の運用や、相続税の手続きなどについても対応しています。

ゼノン住販では、どの不動産が儲かるのか、場所はいいが修繕が必要な場合はどうしたらいいのかなど、様々な不動産についての相談に対応しています。物件販売は、ワンルーム、民泊、ビルなどお顧客のニーズに合ったものを提供しています。他にも、相続した土地・建物を更地にした方がいいのか、賃貸にした方がいいのかなど細かいニーズに応えくれます。

また、建物を購入する際の融資の調達方法、資産設計、物件購入後の管理体制などについてもしっかり対応しています。東京オリンピックに向けて注目されている民泊は、民泊用にリノベーションする方法や、空き家をどのように運営・管理するかなどの提案から、人気のエリアにあるワンルームや戸建ての紹介などを行っています。

ゼノン住販は、販売協力パートナーの登録社数が、100社以上もあります。登録したパートナー会社には、優先して希望する物件を紹介しています。加盟時にかかる費用はなく、ノルマもないため登録社数が伸びているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です