株式会社東京日商エステムの会社概要

株式会社東京日商エステムは、東京都港区に事業所を置く不動産会社です。大阪に本社を置く「株式会社日商エステム」によって、2004年11月に資本金9,000万円で設立されました。2017年4月には、京都支店も設立されています。

そのおもな事業内容は、自社の分譲マンションなどの企画・販売です。ほかにも、物件の売買の仲介、不動産の有効活用に対する提案および賃貸管理、リフォームによる資産価値の向上などを手がけています。

東京日商エステムの事業の最大の特色が、これらすべてを日商エステムのグループ一貫体制で行っていることです。もともと、東京日商エステム自体が、株式会社日商エステムの事業エリア拡大のために設立された会社でした。もうひとつ、沖縄地方を中心に事業を行う「株式会社沖縄日商エステム」があり、それらを広く統括しているのが「株式会社エステムホールディングス」です。

それ以外にも、企画・販売の分野では、分譲マンションや一戸建てをあつかう「株式会社エステム住宅販売」や、マンスリーマンションもあつかう「株式会社リブラブ」。

管理・運営の分野では、スペシャリストによるサポートを提供する「株式会社エステムプランニング」や、日常管理から長期修繕計画まで幅広く行う「株式会社エステム管理サービス」、自社物件だからこその徹底した管理が行える「株式会社イー・トラスト」などがあります。

ほかには、物件をリフォームして次世代へと引き継ぐ「株式会社イーテック」や、賃貸借契約をスムーズに行ってくれる家賃保証会社「株式会社エステム保証サービス」といったグループ会社が存在しています。

このように、不動産に関するあらゆるグループ会社がそろっているからこそ、開発からメンテナンスまで、将来にわたってトータルなプロデュースを提案することができるのです。

そして、それぞれのサービス内容を知りつくしているからこそ、より低いコストで品質を高め、他社よりも圧倒的にすぐれたサービス内容となっているわけです。おたがいにしっかり責任を持った営業を行うので、顧客にとっては信頼という面でも大きなメリットがあります。

東京日商エステムでは、このようなグループ一貫体制のもと、世界的に見ても一等地の日比谷・霞ヶ関エリアを中心に、より価値ある住宅を届けています。また、ただ不動産を提供するだけではなく、そこから街へ、地域へと広がっていくような文化を創造。最終的には、それを世界へ向けて発信していくことを目ざしています。

そのためにも、今後もグループ体制のネットワークを活かして、より新たな地域、新たな分野へと事業を拡大していく予定です。不動産の相談については、公式サイトで個別相談会や投資ガイド請求を簡単に申し込むことができます。ぜひ、気軽に利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です