三井のリハウスについての会社概要

三井のリハウスは、一戸建ての土地やマンションなどの仲介事業を行っている会社です。31年連続で全国仲介取扱件数第1位という実績があり、集客力だけでなくブランド名もかなり浸透してきています。

この背景には、信頼できる担当者が仲介に携わるといった点が挙がりますが、その大元になる会社概要や特徴はどのような内容になっているのでしょうか。今回は、三井のリハウスについて、気になる会社概要や特徴についてご紹介します。

「三井のリハウス」の会社概要
1969年7月三井不動産株式会社の子会社として三井不動産販売株式会社が設立しました。その後本社は新宿三井ビルに移転し、1981年にはじめてCIを不動産流通事業に導入したのをきっかけに「三井のリハウス」というブランドが利用されるようになりました。不動産仲介事業として本社及びフランチャイズにて三井のリハウスという看板を掲げ、一戸建てや土地、マンションなどの仲介業務を行っています。

主な事業内容や特徴について
個人向けの不動産売買仲介や不動産賃貸、不動産資産コンサルティング、法人向け不動産仲介、外国人向け不動産仲介、駐車場・駐輪場の管理や運営、カーシェアリングなどが主な事業内容です。全国に15ヵ所の拠点と282店舗を展開し、「売る」「買う」「貸す」「借りる」「活用する」など不動産の幅広い分野の解決策を提案しています。

各種サポート
三井のリハウスでは、全ての顧客に対し安心して取引してもらえるよう「360°サポート」を提供しています。これは、購入した物件や売却した物件に付属する設備(エアコンやガス給湯器など)や建物についての点検や修理対応、購入物件に関しては水まわりや電気設備、給湯設備、窓ガラスなどのトラブル発生時に、緊急駆け付けの対応を受けることができるサービスです。

購入・売却物件は、建物調査や土地調査を行い雨漏りやシロアリ、液状化、土壌汚染、など専門の調査会社を紹介してくれる有償サービスもあります。仲介に立つ担当者は、「宅地建物取引士」の有資格者であるため、不動産に関する専門的な知識によって消費者に有利となるサポートを受けることができるでしょう。住まいの買い替えや相談など売買に関わる内容についても、幅広くサポートしています。

三井のリハウスでは、様々な要望やニーズに対応するためのサポート・サービスが充実しています。取扱物件数の多さだけでなく、レベルの高い対応品質により柔軟かつ迅速な仲介担当が期待できる企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です