住友不動産販売についての会社概要

戸建てや土地、マンションなどの不動産物件を仲介している住友不動産販売は、「売る・買う・貸す・借りる」など住まいに関する要望に寄り添いながら最適なソリューションを提案しています。売却力も高く、全国に約257店舗もネットワークを持っていることで注目されています。そんな住友不動産販売での会社概要や特徴について、詳しく紹介していきましょう。

会社概要

昭和30年3月に設立した住友不動産販売株式会社は、東京都新宿区西新宿の本社を拠点に、住友不動産グループの不動産会社として事業をスタートさせました。三井不動産・三菱地所と共に不動産会社として進出し、今現在は不動産事業をリードする企業の一つとなっています。不動産流通の最大手と称されていますが、主力は不動産の仲介業務です。特に不動産売却の相談や売却のための無料査定などの支援サービスが手厚くなっているのが大きな特徴です。

主な事業内容について

住友不動産販売の事業内容は、不動産の売買・賃貸の仲介、不動産の受託販売・賃貸業務など不動産に附帯関連する業務です。

<個人向け不動産の売買・賃貸の仲介業務>

「貸したい・売りたい」の希望と「借りたい・買いたい」の希望の間に立ち、双方に対して最良の契約内容になるようコンサルティングし取引を行う業務です。

<法人向け不動産の売買・賃貸の仲介業務>

法人顧客の事業用・投資用の不動産ニーズに対して、豊富な実績とネットワークを活用し不動産戦略を的確に提案します。仲介業務にとどまらず、不動産に対する鑑定評価やゴルフ場・ホテルのコンサルティング業務も行っています。

<不動産の受託販売業務>

住友不動産だけでなく、土地開発業者の新築一戸建て、新築マンションの販売を行っています。市場動向や地域の特性を分析し、事業主からのニーズに応えるトータルサポートにも対応しています。

充実サポートを全国に設置

住友不動産販売は、不動産売却の流れを解説するのはもちろんのこと、無料査定やメール相談などのサポート体制が充実しているのも大きな強みです。税務や法律、不動産セミナー、フィナンシャルプランナーによる個別相談を積極的に展開していることで、顧客満足度に貢献しています。首都圏・関西・北海道・東北・東海・中国・九州に地域割りして、全国にネットワークを広げています。

住友不動産販売は、不動産を通じて多くの人により良い暮らしや新しい人生の形を提案しています。不動産のプロの立場から悩みや疑問を明確化し、最適な解決案を生み出してくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です